学生団体ONELIFEの挑戦!3校目建設にクラウドファンディング!

大学INFORMATION

カンボジア支援を行なっている学生団体ONELIFEが第3校目の小学校を建設するためにクラウドファンディングを行なっています!

今回の記事は、カンボジアの子供たちの夢と笑顔のために活動をしている彼らの、クラウドファンディングの成功を願って、記事を作りました。

この記事を読んで、彼らの想いや活動に共感し、賛同してくれる人や同世代の学生がいましたら、このプロジェクトを成功させるために、一緒に行動してもらえたら嬉しいです。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(通称クラファン)を簡単に説明すると、

自分がやりたい画期的なアイデア強い想いがあれば、「人の繋がり」と「お金」を集めるためにリスク無く、気軽に誰もが使うことができるツールのことです。

また、クラウドファンディングの資金調達の方法は2種類存在し、

All or Nothing(達成時確約型):調達目標金額の100%を達成できたらはじめて、リターンのお渡し・手数料の支払いの義務が生じる。もし100%達成できなければ、支援者に全額自動返金され、リターンのお渡し・手数料の支払いは必要なくなる。

All in(実行確約型):調達目標金額の100%を達成できるかどうかに関わらず、クラファン期間終了時に集まっている金額を得ることができ、リターンのお渡し・手数料の支払いの義務が必ず生じる。

※基本的にはリスクがなしで挑戦できるAll or Nothingの型で行う人が多いようです。

クラウドファンディング内容

【目標総支援額150万円】学生団体ONELIFEクラウドファンディングへの挑戦

クラウドファンディングを行う理由

私たち学生団体ONELIFEは、カンボジア教育支援を目標に日々活動しています。

11月に代替わりをし、新体制での活動が始まってからは『第3校目小学校建設』というMISSIONを掲げ、必要な建設費を“いつまでに”、“どのように”、“どんなペースで”、集めるかの綿密な計画を立てました。

そして2020年2月まで、たくさんの方々の協力のもと、滞りなく計画を遂行をしてきました。

しかし、新型コロナウイルス感染症が世界規模におよぶ被害をもたらした影響により、残りの必要な建設費を集めるために日本で開催する予定だった2つのチャリティーイベントの開催を中止。

同時に月に数回都内で実施していた街頭募金の活動も無期限で休止することを決定致しました。誰も予測のできなかった事態。
今の私たちに残り必要な建設費を集める方法は残されていないかもしれない…。

学校建設を中止するしかないのか…。

メンバー全員がどこにもぶつけられない気持ちを抱き、諦めてしまいそうになることもありました。
それでも私たちには[学校建設]を諦められない理由があったのです。

すべては、カンボジアの子ども達の笑顔のためです。

綺麗ごとに感じてしまうかしれません。日本だって大変な状況なのに他国の支援をしている場合なのかと、疑問を抱く方がいらしてもおかしくないと思います。

さらに55日間で150万円を集めるというプロジェクトは学生の私たちにとって非常に過酷な挑戦だと思います。

しかし、カンボジアにはONELIFEが建設する校舎を楽しみに待っている子ども達が大勢います。先生方がいます。地域の方々がいます。

私たちが校舎を建設することで、その人たちの笑顔を作り出すことができるのならば、私たちが[学校建設]を諦める理由などどこにもないと考えました。

あらゆる理由で勉強することを諦めてしまう子ども達がカンボジアには大勢います。

それでも、「たくさんのことを学びたい!」と笑顔で夢を語ってくれる子ども達に、〈あの場所〉で出会いました。

建設予定であるサラコブン小学校に校舎を建設したいという強い想いから、私たちONELIFEはクラウドファンディングへの挑戦を決断しました。

リターン内容について

 支援いただいた全ての額(手数料を除く)を建設費に充てるリターンもあれば、カンボジアの雰囲気を少しでも味わっていただけるようなお土産品や、今回のクラウドファンディングのためだけに作成したステッカーポストカードなどを準備しています。

本プロジェクトを支援してくださったすべての方々にさまざまな種類のリターンを、メンバーから感謝の気持ちを込めてお届けいたします。内容はすべて皆様のお手元に届くまでは秘密です!

リターン内容も金額に応じて変化しています。
この記事の最後にクラウドファンディングの詳細ページのリンクを貼っておきますのでよければご確認ください。

クラウドファンディング金額

このプロジェクトには一人3000円から参加することができ、

・3000円
・10000円
・30000円
・50000円
・100000円

の五段階の金額で参加することができます。

最後にメッセージ

長くなりましたが最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

本プロジェクトを実施する上で、ここだけでは伝えきらない団体の覚悟やメンバー1人ひとりの想いがあります。
どうか学生団体ONELIFEのクラウドファンディングホームページをご一読いただけますと幸いです。

そして、プロジェクトがスタートして40日以上が経過し、残すところ10日を切りました
すでに100名を超える方々からたくさんの支援温かいお言葉を頂き、感謝の気持ちはもちろん、より一層気が引き締まる思いです。

今回のプロジェクトは150万円を達成できなければ、団体は1円も受け取ることができません。すべての支援者の方々へ全額返金することになります。

皆様がONELIFEに託してくださったお気持ちや支援金は、私たちが責任を持ってカンボジアへ届けます。

それこそが学生団体ONELIFEの使命であるからです。活動理念にも記されているように、「笑顔が笑顔を作り出す活動」をします。

少しでも私たちの想いや覚悟、活動内容に賛同・ご支援いただけますと幸いです。

学生団体ONELIFEについてもっと知りたい方はこちらをクリック

学生団体ONELIFEのクラウドファンディングHPのリンクはこちらをクリック

この記事を書いた人
この記事を書いた人
uniV-jack編集部

「挑戦する大学生を応援する」をテーマに“便利なモノ“や”役に立つ情報“、“面白いコト“などを掲載する大学生メディアです。
サイトを訪れてくれた人の大学生活が少しでも楽しく、より有意義なものになる事を願っています。

uniV-jack編集部をフォローしてくれたら喜びます!
大学INFORMATION
気に入った記事がありましたらシェアをお願いします
uniV-jack編集部をフォローしてくれたら喜びます!
uniV-jack ユニジャック-挑戦する大学生を応援するメディア-

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました