学生団体 ONELIFE とは?~カンボジア支援~

団体紹介

今回の記事では、ボランティア系の学生団体でカンボジアに支援を行っている「ONELIFE」という団体について紹介しようと思います。

この団体は、筆者も現役時代に仲が良かった団体で、メンバー内の仲が非常に良く、アットホームで素敵な団体です。

どの学生団体に入ろうか考えている新入生や学生、ONELIFEを見かけてどんな団体か興味がある方は是非読んでいってください!

学生団体 ONELIFEとは?

学生団体ONELIFEは、2015年7月3日に創設された団体で、今年で5年目の比較的若い団体です。主に都内で活動している団体で、

一度きりの人生を最高に楽しむ!

をマインドとしており、

世界中の人々に目を向け、他人の事を自分の事のように思う。みんなが夢や希望を抱き、笑顔が笑顔を創り出す活動をする

この団体理念に基き、カンボジアの子どもたちの夢の幅を広げるために学校建設と、学校の継続支援も行っています。

なぜカンボジアの支援を?

この団体を作り上げた初代代表の方が、小学生の時に読んだカンボジアの本が自分のボランティアのルーツになっているようで、カンボジアに支援することが決まったようです。

それからは支援を行なっているカンボジアを自立させるのが目的で、それを中途半端に終わらせることはできないためカンボジア支援を続けています。

世界中の人々に目を向けるのが活動理念にもある通り、各執行代が今現在はカンボジア、支援先に支援が必要じゃないと考えるのであれば他を支援してもいいと思います。(現代表たくみさん)

カンボジアの教育制度や小学校の現場

カンボジアの義務教育期間は小学校6年間、中学校3年間になっており、この期間までは無償で授業を受けることが出来ます。

しかし、教科書や、鉛筆、消しゴムなどの文房具は自分たちで用意しなければならない様です。

このことから、小学校に入学した子供たちが最終学年まで残る割合は男女ともにおよそ半分ほどの割合になってしまうようです。

また、老朽化した校舎は倒壊の危険性があるものも少なくなく、学校に通わせたくない親がいるという現状もあるようです。

少しでも環境が良くなった学校に安心して通ってほしい、そこでたくさんの夢や希望、笑顔が増えてほしい

そんな想いからONELIFEはカンボジアを支援しているようです。

団体詳細

活動実績

2016年11月 
1校目フンセンロンチャック小学校建設

2018年8月
2校目フンセンコモハ小学校建設

2019年8月
2校目に本143冊ノート110束の支援

年間スケジュール

2019年11月代替わり

2020年2月クラブイベント
     スタディーツアー

4月新歓(オンラインに変更)
 新歓合宿(中止)

6月フェスイベント(中止)

8月クラブイベント(中止)
  スタディーツアー(中止)

10月クラブイベント 

11月合宿、代替わり

他の学生団体に負けない強みは?

家族感!!

カンボジア教育支援がしたくて集まった仲間たちは、先輩後輩関係なく意見を交わせる環境があります。

またプライベートでもメンバーと会うことが多く、メンバーみんながONELIFE大好きです!

最後に、、

このような形でONELIFEを紹介していただきメンバー一同嬉しい限りです。

この状況下ですが、必要とされる校舎建設のために今できることをやっていきます。
カンボジアの現状だったり、こういう活動している団体があるんだ程度でも知っていただけると幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
uniV-jack編集部

「挑戦する大学生を応援する」をテーマに“便利なモノ“や”役に立つ情報“、“面白いコト“などを掲載する大学生メディアです。
サイトを訪れてくれた人の大学生活が少しでも楽しく、より有意義なものになる事を願っています。

uniV-jack編集部をフォローしてくれたら喜びます!
団体紹介
気に入った記事がありましたらシェアをお願いします
uniV-jack編集部をフォローしてくれたら喜びます!
uniV-jack ユニジャック-挑戦する大学生を応援するメディア-

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました