『大学生活を豊かにするために』大切な2つの考え方

編集部ひとくちコラム
野﨑千遥
野﨑千遥

新たにuniV-jack編集部の一員になりました、大学4年、薬学部の野﨑千遥です!
よろしくお願いします(o^-^o)

大学生活で考えるべきことはなんだろう」

「より豊かな学生生活のために意識するといいことを知りたい」という方へ。

今まで3年と少しの間大学生をしてきた私の経験の元、今の大学生に向けて伝えたいことを記事にしたいと思います。

考え①:より多くの人と関わろう

大学生活とは、社会に出る前の最後の学びの場でもあり、遊びの場でもあると思います。

その有意義な時間をどう使うかはその人次第ですが、私は様々なコミュニティに進んで参加してきたことで、素敵な時間と仲間を得ることができました。

大学1年の頃はアジア太平洋薬学生シンポジウムに参加し、

2年生の頃はサークルや部活でダンス漬けの日々を送り、

3年生の頃はコロナもありましたが起業や副業のコミュニティに入り、、、

((アジア太平洋薬学生シンポジウム)

あれ、大学での勉強は?と思われそうですが、大学は単位を落とさない程度にして、いくつかの小さい組織にたくさん首を突っ込んできました。

自分のやりたいことに忠実になることができたので、後悔はしていません。

大学の勉強をひたすら頑張るのも1つの素晴らしい手段であると感じますが、

わたしにはそれが継続できなかったのと、好奇心が強すぎて注意散漫になりがちなので

1人であろうと、小さい世界であろうと、様々なコミュニティに飛び込んでいきました。

その経験で気づいたことは、世の中には本当にいろんな人がいるなということと、組織のカラーによって自分の立ち位置や強みが全然違うということです。

世の中には本当にいろんな人がいる

高校までは普通に学校という大きな一つの世界しかなく、そこに全てをささげている感じでした。

しかし大学生となると周囲の世界が格段に広がります。

サークルやアルバイト・習い事・自分の趣味や興味のあるコミュニティなど、人それぞれ依存先を増やそうと思えばいくらでも増やせます。

それぞれ組織が目指しているものがニッチであればそうであるほど、同じような人たちが集まってくるわけで、

全員が必ずしも似ているわけではありませんが、組織ごとに雰囲気が非常に変わってきます。

いろんな価値観の人と出会うことで、自分の常識が他人にとっては非常識だったり、「世の中にはこんな考え方する人がいるんだ~!」みたいな発見があったりと、

毎日が驚きの連続でした。

自分の立ち位置や強みが変わる

また、いろんな人の考えに触れることで

自分の行動や悩みが小さく思えたり、またはその逆であったりすることが多々ありましたね。

最も強く印象に残ったのは、組織の雰囲気によって自分の強みが少しずつ変わっているということです。

大学の中ではちょっとおバカキャラというか、友達や先生にたくさん質問して助けを求めるような性格なので、薬の勉強をしているとどちらかといえば患者さんの気持ちが理解しやすいタイプです。

一方ダンスサークルの方では、堅い印象を持たれがちで、まとめる側に回ることが多くて、

コミュニティや組織によって立ち位置が全然違ったんです。

周りの人の環境によって自分の個性や強みが変わってくる、同時に理解することができる。

言ってみれば当たり前の話ですが、これはいくつかの組織に属していたからこそ気づけたことだと思います。

ぜひ皆さんも自分の興味のある世界にどんどん飛び込んでください!

考え②:自分軸で人生の価値観を決めよう

多くのコミュニティや組織に属すると、いろんな自分に気づくことができます。

同時に、どんな立ち位置の時の自分が好きであるとか、どんな時に自分らしくいられるかとかがわかってきます。

いろいろ試していくと「あ、自分ってこれ好きかも」っていう発見があるんですね^^

いろんなコミュニティで自分の”好き”を見つける

私の場合は大学が資格取得のための予備校みたいな感じだったので最初つまらなかったんですけど、

化粧品の成分や効果を調べるのとかはすごく好きで、薬剤師よりも研究者としての道に興味がわいたり

サークルでは与えられた踊りをこなすのはあんまり得意ではなくても、0から表現するのが好きだったり、バイトでは人を動かすほうが好きだったり。

自分が好きなことを理解すると同時に、

仲間を得ることができて、自分の苦手な部分は人にお任せして、

逆に自分の強みは積極的に活用していくことが大切であることも学びました。

高校までの私は何でも自分だけでやろうとして、自滅していた時もあるんですけど(笑)

”好き”をベースに自分軸を作る

「コミュニティに入る」→「好きを見つける」「自分軸を知る」

という経験を通して、少しずつ自分の価値観を言語化できるようになりました。

自分が知れると目標が明確になり、それを達成するために必要なことを行動に移すことができます。

自分の好きなことをして大学生活を楽しみたいという価値観は、uniV-jackにも当てはまっていますね^^

私の場合、自分が満たされると他人に優しくできて、

誰かのために役立てる自分がいるときに最も幸せを感じることも知れたので、

今はそのような事業ができないか模索中です。

(サークル)

最後に

野﨑千遥
野﨑千遥

これらの見解は大学の勉強だけやっていたら絶対に気づけなかったことだと思います。

是非皆さんもいろんな人と関わって、自分を見つめなおして、

自分が納得する大学生活を、そして人生を送ってください!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
uniV-jack編集部

「挑戦する大学生を応援する」をテーマに“便利なモノ“や”役に立つ情報“、“面白いコト“などを掲載する大学生メディアです。
サイトを訪れてくれた人の大学生活が少しでも楽しく、より有意義なものになる事を願っています。

uniV-jack編集部をフォローしてくれたら喜びます!
編集部ひとくちコラム
気に入った記事がありましたらシェアをお願いします
uniV-jack編集部をフォローしてくれたら喜びます!
uniV-jack ユニジャック-挑戦する大学生を応援するメディア-

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました