学生団体Lelion代表 里見郁香-学生#9-

インタビュー

皆さんこんにちは。uniV-jack編集部です!
私たちは、『全ての大学生に最高の大学生活を届ける』をミッションとして活動しています。

今回は、「ファッションや美容を通して多くの人が個性を大切にし、自信が持てるきっかけになる」をモットーに活動する学生団体Lelion(ルリオン)の代表、里見郁香サトミ フミカさんにインタビューしました!

何かをしたいけれど、何をどうしたらいいか分からない、ともどかしさを感じている方、学生団体Lelionについて知りたい方、必読です!

プロフィール

【年齢・氏名】
2001年8月生まれ、里見郁香(サトミフミカ)

【大学】
玉川大学 文学部英語教育学科(中退)
ヴィーナスアカデミー

【これまでの経緯】
飲食店、塾講師のバイト
営業のインターン
学生団体Lelion代表

現在の活動

Q.現在(1/13)、どのような活動をされてますか?
A.専門学校で美容を学びつつ、学生団体Lelionでコスメやファッションの情報を発信しています。

美容やファッションって、学生の中でかなりニーズが高いと思うんですね。大学デビューしたいけどどうしたらいいかわからないとか、いきなり印象変えたらどう思われるか分からないと、困りごとが多い。そういうところに情報を発信できる団体です。

Q.どうして美容を?
A.自分が、メイクしたりコスメを集めたりするのが好きだからです。

あとは、自分自身がアトピー持ってることとかあって、昔はそれが原因で自分のことサイテーだと思ってた時期とかあって、周りの目線とか怖いとか思ってたこともあったんです。

でも、やり方とか、使うもの次第で変わるし、綺麗に見せれるって気づいてからは、自分を変えたいと思ってる人に一番効果があるのが、美容なんだと思えたんです。

だから美容を通して、関わった人に笑顔になってもらいたいんです。

メイク中、里見さん

これまでの経緯

Q.大学を中退?
A.1年生の前半でやめました。

中三の頃に集団塾でお世話になった先生にすごくお世話になって、当初は先生に憧れて教師になりたいと思ってました。
だから、半年前までは大学辞める想像なんてしてませんでしたし、教職か別の就職か考えてましたね。

でも、2020年の夏に知り合い紹介で行ったイベントで、起業してる大学の先輩にあったんですね。
その人が自分の好きなことで楽しそうに仕事してるのをみて、かっこいいなと。その人は、すごい営業力とトーク力で、どんな話でも面白いと思わせてくれる人だったんです。

その時期は、ちょうど大学の授業とかに嫌気がさしてたとこで、中退のきっかけになりました。

Q.周りからは反対されませんでした?
A.されましたね。猛反対でした。親も、友達も。なんで辞めるの?って。

親はけっこう過保護な方で、勝手なことやったら怒られるし、大学辞める話したら友達にも怒られて。でも、今やってることは、本当にすごいやりたいことなんだって全部言ったら納得してくれました。

それと、誰にも言わずに専門学校受けてたんですよ。それで受かったら大学辞めようと決めてたんです。
それがむしろ反感かってたかもですが。笑

学生団体Lelion(ルリオン)って?

学生向けに美容やファッションの情報を発信できる場所です。
学生団体独自のブランドが持てたらいいな。

Q.名前の由来は?
A.フランス語で獅子座がle Lion(ル・リオン)。

獅子座には”I will” “I create”みたいな意味があって、梅雨から夏になるので太陽を1番浴びる時期、内側に秘めた想いを表現することが出来るイメージ。

可愛くなりたい。かっこよくなりたい。変わりたい。自信を持ちたい。って思ってる人はたくさんいて、でもどうしたらいいかわからないみたいな人がきっと多いと思うんです。

だからこそ、私は獅子座のように自分のなりたい姿を自分自身で表現して、それを楽しみ、輝けるようなものを作りたい。

それで、関わっていく人達を輝かせるお手伝いが出来たらいいなと。そういう由来の団体です。

学生団体Lelionのメンバー

大切に思ってること

”動けないことをマイナスに思って欲しくない。”

自分もそうだったように、変わることは怖い。

怖いって感じてることは正常だし、そのことをマイナスに思わないでほしいんです。

私も、動き始めた時の環境の変化が怖かった。周りの人は、すごい!って言いながら顔がひいてる。今でもまだ自分が正しいか分からない。そう思ってきたんです。

でも、誰でも、好きなことだったら行動力って出ると思うんですね。好きなアイドルのライブに行くとか、好きなお店のご飯食べるとか。振り返ると、その感覚で私は行動できてたかもしれません。

だからもし、これから何かに向けて行動する時、自分の”好き”って気持ちを大切にして欲しいんです。本気で好きなこと、やりたいことであれば周りも本当に応援をしてくれるし、頑張る原動力にもなるから。

編集部1口メモ

インタビューを終えて。

里見郁香フミカさんという人物は、瞬発的な行動力と考え方に芯のある人だと感じた一方で、それはきっと自身の内面、恐怖を強烈に自覚しているからではないかと思いました。

行動することや成長を止めないことが美徳とされる中、それでも人は動けないものであり、立ち止まってしまうものではないでしょうか。
里見さんはきっと、自分の恐怖や「できないこと」と真剣に向き合ったからこそ、今走って行けているのだと思います。

これからの彼女の活動が、”一歩踏み出せない” そこのあなたへ、ヒントになれば幸いです。

学生団体Lelionは、2021年2月にイベントを企画しています。(詳細は今後Instagram↓の方でお知らせしていきます!)
里見さんのアカウントをご覧ください!Instagram

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました