大学生活を後悔しないためには?

大学INFORMATION

こんにちは、大学生向けのサイトuniV-jackを運営しているShunyaです。


この記事を見ている人はきっと、、

「大学生活をどのように過ごしたら後悔することなく過ごすことができるのか」

このことについて知りたくて、検索をかけて、このサイトに来たのだと思います。


そこで今回は、私が経験して思った大学生活を後悔しないための法則のようなことについて話そうと思います。

大学生活を後悔してしまう原因

まずは、大学生活を後悔してしまう原因から。

私は大学生活を後悔してしまう原因は2つあると思っていて、

①大学生活中に”何か”をしなかったこと
②大学生向けの情報を知らなかったたこと


この二つが原因なのではないかと思っています。

大学生活中に”何か”をしなかったこと


大学生活を後悔している最も多い原因が、大学生活中に”何か”をしなかったことだと思います。

ここで言う“何か“とは、大学生の間に自信を持ってこれをしたと言い切れる“何か“のことです。


大学は高校と比較して、何をするにおいても自由度が高く、時間も自分の好きに過ごしていい時間が高校よりは多くあると思います。

ところが、この自由に使っていい時間というのは、あくまで高校よりもあるというだけで、自分たちが考えているよりも時間はないという事を知っておいて欲しいです。

自由な時間は思っているより少ない理由

大学生活中に使える本当に自由な時間を逆算してみよう。

大学4年間(大学生活で使える自由な時間)

大学3年後期就活本格スタート(就活スタートまでの2年半)

授業やテスト、バイトなどの時間(2年半からこれらの時間を引いた時間)

???(どれくらいの時間が使える?)

就活や、日々の授業やバイトのことを考えると本当に自由な時間は少ないですね。


この大学生活中に何かしなかった事を後悔している人は、大学生には時間があるという錯覚から「今日はいいや」と漠然と時間を過ごしてしまっている人に多いです。

大学生向けの情報を知らなかったこと


大学1年の時の自分はまさにこれでした。


時間がないのは知ってる。せっかくだから何かをしたいとも思っている。でも実際何をしたらいいかわからないし、本気になれそうなものや興味があるものがない


私は大学1年の時はこの状態に陥り、後悔が残る日々を送っていました。

サークルにあまり馴染めなかったり、授業も面白くなかったり、大学ってつまらないなと思っていました。


ところが、ひょんな事から今まで聞いたこともなかった学生団体の事を知り、そこに入ってからは世界がガラッと変わりました。


「本気になれるものや興味があるものがない」と思っていたのは完全に間違いで、私がただ知らなかっただけだったのです。


知らなかったというだけで、私は危うく大学生活を棒に振るところでした。

大学生活を後悔しないためにすべきコト


大学生活を後悔する原因が分かったところで、次はどうすれば良いのかということについて話します。

①優先順位をつける
②行動する
③情報のアンテナを張る


結論は以上の3つが後悔しないためにすべき事です。

それではこれも1つずつ解説していきます。

優先順位をつける

ここまで読んでくれた方は、大学生活はあっという間に過ぎる事を理解してくれていると思います。だからこそ優先順位をつけることは非常に重要です。

大学生である間にできることはたくさんあります。
それから本気を出せば、大体のことができるとも思います。


ただ、後悔しないために全てをやろうとして、本当にやりたかったことに時間を避けず、中途半端に終わってしまうというのは最悪な結果だと思います。

後悔した事
  1. 友達をもっと作ればよかった
  2. 自分で生きていけるスキルや稼ぐ方法やノウハウを身につければよかった。
  3. 本気で遊べばよかった。
  4. 本気でぶつかれる仲間が欲しかった
  5. 留学に行けばよかった。
  6. 海外に行けばよかった。
  7. サークルをやめなければよかった。
  8. 就活をもっと本気でやればよかった。
  9. 読書すればよかった。
  10. 趣味に没頭すればよかった。
  11. 家事を覚えればよかった。
  12. 資格の勉強をすればよかった。
  13. 大学の授業に真剣に受ければよかった
  14. 長期休みの過ごし方を考えればよかった。
  15. インターンなどを経験しておきたかった。
  16. 恋愛すればよかった
  17. 男女問わずにいろんな人とのコミュニティを広げておけば、、
  18. イベントの企画運営すればよかった
  19. 何事も中途半端に終わったこと

(上の表は検索して出てきた「後悔した事」をまとめたものです。大学期間中にこれらを全てを実行するのはさすがに厳しそうですよね。)


そうならないために自分の中で優先順位を決めておきましょう。


優先順位を決めるためには、将来自分がどうなっていたいのかを前提にして、逆算して考える必要があります。

もし、将来どうなっていたいかも思い浮かばない人は、この大学4年間の間でどうなっていたいかでもいと思います。アバウトでもOKです。


例)将来はリゾート地でパソコン片手に自由に仕事ができるようになりたい。


これくらいアバウトでもいいと思います。

このゴールを定めておくと、決断をしなければいけない時に、早く正確な判断が下しやすくなると思います

行動を起こす


すごく当たり前のことなのですが、実際はできていない人が多いのが事実です。

自分のやりたいことや、優先順位を作り、道筋を立てるところまでは比較的に誰でもできます。


ですが、そこから先の行動に移せている人は少ないです。


後悔が強く残ってしまう人は、やりたいことがある人や、道筋を立てた人が、何かしらの言い訳で、行動しないままになってしまった人だと思います。

本当ならできたのにやらなかった。そんな自分を誰しも想像したくはないはずです。

ここが後悔するか、しないかの大きな分かれ道です。

めんどくさがらずに思い立ったら行動する。これが重要です。

情報のアンテナを張る


これは原因のところでも触れた事ですが、やる気はあるのに知らなかっただけというのが1番もったいないです。


自分がやりたいことができる環境や、披露する場がある事を知っているのと知らないでは今後の幅が変わってきます。

もしかしたら、たまたま知ったイベントで有名になったり、自分の価値観が変わったり、やりたいことが見つかったり、、

本当に何があるかわかりません。自分にプラスになりそうな情報は逃さずに活用して自分のものにして欲しいです。

このuniV-jackもそういった大学生たちに役に立つ情報などを届けるために作ったサイトです。必要でしたら今後もぜひ活用してください。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました