大学生のOfficeサービス!ワード,エクセル,パワポが無料?

大学INFORMATION

大学生活において、課題やレポートは付き物です。
また、時にはプレゼンテーションやデータをまとめ、表計算をしなければならない時もあります。

そんな時にどうしても必要なってくるソフトが「Office」です。

今日は、そんな大学生の必須ソフトである「Office」が、大学生なら無料で手に入る方法を教えます。

「パソコン持ってるけど、Office製品なくて買おうか迷ってる」
「これからパソコンを買いたいけどできるだけ安く済ませたい」

そんな学生におすすめです。

Officeとは?

Officeとは、Microsoft社が販売しているビジネス用のソフトのことです。

そのOfficeの中には、Word、Excel、PowerPointといった、学生をはじめ多くの大人が利用するソフトが入っています。

これらのソフトは単体で15000円ほどで販売されており、色々なものがセットになってくると3万円前後の価格帯となっており、学生からすると少し高くて、購入するには少し厳しいと感じてしまう学生も多いと思います。

また、大学生活において、

Wordは主にレポートや資料作りで使用
Excelは表計算やデータのまとめ
PowerPointはプレゼンテーションや資料作成

などに主に使われます。

購入を考えている方はこれら3つは入手しておくと良いでしょう。

Office 365 Educationについて

大学生活では必須であるにも関わらず、購入となると金額が高くて手が出しづらい、、

そんな人は一度、自分の大学が「Office 365 Education」を利用しているかどうかチェックしてみてください。

これは、大学が、

学生達にOfficeソフトを使用してもらう必要があるから、大学が代表してマイクロソフト社とライセンス契約をして、その料金は大学が支払う

というものです。

使用できる主なソフトは以下の通りで、、

・Outlook
・Word
・Excel
・PowerPoint
・OneNote
・OneDrive(1T)
※主なサービスは上記ですが、その他サービスもまだあります。

現在多くの大学が、この契約を結んでいますが、大学によってはそうでない場合もあるようです。

大学のホームページなどで確認してみてくださいね。

Office 365 Education の導入方法

①自分の大学がOffice 365 Educationを利用できるのかを確認

②自分の大学のメールアドレスが発行されているかを確認

Office 365 Educationのサイトに行き、手順に従い、インストールする

もちろん、この制度を使えるように大学が支払っているお金は、皆さんの授業料などからのお金です。

高いお金を支払って、通っているはずの大学です。
使えるサービスは無駄にせず使い倒しましょう!

注意事項

卒業後は、商業利用でなければ、引き続きOffice 365 Educationを利用しても大丈夫のようで、大学を卒業したからといって、データは一気に消えるようなことはないようです。

ただし、ほとんどの大学が「在学中のみ利用可能」としており、卒業後はデータの削除を求めています。

念のために、データーは自分でバックアップしておくのが良いでしょう。

まとめ

大学生には様々な得するサービスがあります。

今回はOfficeソフトが無料で使えうことができる方法でした。

このuniV-jackでは、「大学生活」をメインに”役に立つ情報“や“面白いコト“、“便利なモノ“などの発信して行きます。

記事の更新に関しては、自分のTwitterの方で行っていますのでもしよければフォローお願いします。

それではまた他の記事で。


コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました